coconoca|ココノカ

  • about
  • story
  • Onlineshop
  • shops
  • Contact
  • Blog

高島扇骨&湖東麻織物の布扇子

悠久の歴史を誇る扇骨と麻織物が送る
優雅で涼しい風でクールビューティに

扇骨:高島扇骨

海外製品やプラスチック製品にはない独特の持ち味があります。手に持った時のフィット感、開閉する時のしっかり感、あおぐ風も特別な感じさえします。

扇子の紙以外の部分=骨部分を扇骨(せんこつ)と言います。滋賀県の西部に位置する高島市は竹製扇骨の産地で国産シェア約90%を占めています。材料となるのは竹の皮と中身を削り取ったごく一部。9割が廃材になるといいます。製作は34工程にも及び、専門の職人から職人へ作業が移る分業体制になっています。薄い竹を扱うためほとんどが手仕事。長さ、形、光沢が揃える一寸の狂いも許されない作業は熟練の技が必要です。製作期間はおよそ1ヶ月。

布:湖東麻織物

吸収性と発散性に優れていて天然繊維の中でも最も涼しく、シャリ感と上品な光沢があります。

特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

coconocage(ココノカージュ)オリジナルの柄

湖国・滋賀の自然、文化、名産をモチーフに企画・デザインしました。
同柄の麻ハンカチがありますからぜひ♪プレゼントにも喜ばれると思います。

素材や製造工程

扇骨
扇骨の産地、滋賀県高島市にある鈴木扇子さんにお願いしています。麻織物を骨に貼る加工は初めてということでご苦労いただいたと思います。
産地訪問はこちら

織り
麻織物の産地である滋賀県愛知郡の滋賀麻工業さんにお願いしています。扇子とハンカチに合うサンプル生地を何度も出していただきました。
産地訪問はこちら

プリント
麻織物の産地にある東近江市の近江織物さんにお願いしています。何度も試し刷りをしてこちらが指定した色に合わせていただきました。
産地訪問はこちら

スタッフより

団扇は古くから中国などでも使われていましたが、扇子は日本発祥のもの。遙か昔は和歌をしたためて贈られていたといいます。今で言う(言わないかも)ラブレターですね。贈り物にもふさわしく末広がりで縁起もいいですし、今や地球温暖化対策のエコグッズです。〈長束〉

ご注意

実際の商品にできるだけ近づけるよう撮影を行っておりますが、ご使用のモニターによって色や質感が多少異なって見える場合がございます。あらかじめご了承ください。

布扇子の販売商品一覧

ruritora (ルリトラ)

サイズ
長さ:縦21.2 cm 横37.5cm
カラー
□パープル(SOLD OUT)
□ネイビー(SOLD OUT)
品質
日本製
【骨部分】竹
【布部分】ラミー100%
価格
4,500円(税抜)

滋賀県で1番高い伊吹山の高山植物『ルリトラノオ』をモチーフにデザインしました。
伊吹山にはその地質・気候条件により多種多様な高山植物が生育し、夏の山頂にはお花畑が見られます。伊吹山にだけ生育する特産種は8種、ルリトラノオ(瑠璃虎の尾)はそのひとつで瑠璃色の虎の尾に似ていることが和名の由来。まっすぐに伸びて高さ1mほどになる茎の先に多数の花を付けます。開花時期は7月下旬から8月。

conami (コナミ)

サイズ
長さ:縦21.2 cm 横37.5cm
カラー
□ネイビー
□パープル
品質
日本製
【骨部分】竹
【布部分】ラミー100%
価格
4,500円(税抜)

『びわ湖』をモチーフにデザインしました。
日本最大最古の湖。形が和楽器の琵琶に似ていることから名付けられたと伝わります。多様な動植物が生息する自然の宝庫や人々の生活を支える母なる存在であることから別名マザーレイクと呼ばれています。そんなびわ湖の波と水泡を表現してみました。よーく見ると、湖魚が見えませんか?

setashijimi (セタシジミ)

サイズ
長さ:縦21.2 cm 横37.5cm
カラー
□ピンク(SOLD OUT)
□イエロー
品質
日本製
【骨部分】竹
【布部分】ラミー100%
価格
4,500円(税抜)

『セタシジミ』をモチーフにデザインしました。
長い歴史を通じて独自に進化し、そこにしか存在しない生き物を「固有種」といいます。
琵琶湖の固有種は魚類や貝類10種を超え、セタシジミはそのひとつ。琵琶湖の水が流れ出る唯一の河川、瀬田川付近で多く獲れたことにその名が由来します。「寒シジミ」と呼ばれる冬には旨みが増して一層おいしくなります。

yurugikagu(ユルギカブ)

サイズ
長さ:縦21.2 cm 横37.5cm
カラー
□レッド(SOLD OUT)
□ブルー(SOLD OUT)
品質
日本製
【骨部分】竹
【布部分】ラミー100%
価格
4,500円(税抜)

『万木かぶ』をモチーフにデザインしました。
各地で古くから栽培され、その気候や風土にあった独特の野菜の品種を伝統野菜と言います。万木かぶは高島市安曇川町万木地方で受け継がれてきた赤かぶ。長さが50~60cm、全体はややうすい鮮やかな紅色でつやがあり中は白色。肉質は軟らかすぎず堅すぎず、お漬物にすると適度な歯ごたえがあります。

ギャラリーでも販売しています

トップへ