2016年 伊吹山情報と保全活動 伊吹山ネイチャーネットワーク<2016/09伊吹山の自然保全と花と登山>
伊吹山の花,伊吹山登山MAP,伊吹山自然再生&保全,植生調査,伊吹山自然観察会,四季の花,伊吹山自然再生協議会,NPO活動
伊吹山ネイチャーネットワークのマーク
伊吹山ネイチャーネットワーク 伊吹山ネイチャーネットワークスライド
伊吹山登山MAP,伊吹山の花,伊吹山自然保全事業,外来植物の駆除,山の語り部,伊吹山のガイドブック,史跡MAP,ネイチャーサポーター,高山植物,昔話
We are doing the conservation activity of the environment of Mt. Ibuki.
今朝の伊吹山

9月の山頂と北尾根・笹又登山道に開花する植物
<9月の花々>
◎アキノキリンソウ、◎ツリガネニンジン、◎オオハナウド、◎ミツモトソウ、○ミツバフウロ、○↑コイブキアザミ、○↑イブキアザミ、○シオガマギク、○↑ミツバベンケイソウ、○↑リュウノウギク、○↑リンドウ、○↓ノダケ、○↓セリモドキ、○↓イブキボウフウ、○↓セリモドキ、○フシグロセンノウ、○↑シデシャジン、○↑イブキレイジンソウ、▽↓ダイコンソウ、▽↓ワレモコウ、○↓サラシナショウマ、○↓イブキトリカブト、○↓ヤマゼリ、【草もみじ】イワアカバナ、タカトウダイ、オトギリソウ、グンナイフウロ、タニソバ、クルマバナ、キンミズヒキ、ヒメフウロ、

種の散布を科学する→
花と実の物語

 <外来植物研究発表:筒井杏正>
【セイヨウタンポポ】どうなるの?→●

今から20数年前、侵入しはじめた。そして今、山頂一帯はこの花でおおわれるようになた。
【ヒメジョオン】どうなるの?→●
山頂には、10数年前に侵入を始めたと思われるヒメジョオン。今は山頂お花畑に群れて咲く・・
【ハルザキヤマガラシ】どうなる?→●
春の伊吹山ドライブウェイ沿道を飾る菜の花のような黄い花は、外来植物だった。
▼本会発行の書籍▼
お得に購入できる!
伊吹山の花の本
伊吹山植物の本
詳細と購入は→●
春編
春の花ガイド
初夏編
初夏の花ガイド
夏編
夏の花ガイド
秋編
秋の花ガイド
登山道
春編 →

2016.3月出版!
伊吹山の
生きもの学の本

”クマ”カモシカを襲う!
監修:須藤明子・青木繁
 伊吹山の豊かな自然環境と多種多様な生きもの生態を解き明かす。


★伊吹山マスツーリズムからエコツーリズム

★調査活動は「伊吹山自然再生協議会」事業の一環です。

★2016.09.11伊吹山希少植物のモニタリング ※非公開
★2016.08.17伊吹山山頂ヒメジョオンのモニタリング
★ネイチャーサポーター募集(保全活動)

▼今までの観察会一覧

2016.08.03山頂お花畑鑑賞と変化する自然環境を学ぶ
▲伊吹山のいろいろな説話

2015.3月出版
伊吹山の
地学の本
監修:阿部勇治
 伊吹山の誕生からの自然史を科学的に探りながら、優しく解き明かすハンドブック

全カラー80P:¥500
☆詳細・申込は●

春の山野草レシピ

伊吹山の春の山野を歩きながらどんな山野草が食べられるだろうとワイルドな食いしん坊レシピ
詳細・申込み書

私たちは、伊吹山周辺のめぐみ豊かな自然と人々の環境を子どもたちの未来へ引き継ぐために、伊吹山の自然環境保全と地域資源を活かしたまちづくり活動に取り組む市民グループのネットワークを築き、地域住民と伊吹山の自然との良好な環境を創り出す地域づくりに寄与することを目的としています。そして、この目的を達成するために、 【やまんどプロジェクト】として、右記の3つの事業を行っています。 ■歩み&活動概要
1.自然再生&保全
2.伊吹山の語り部
3.地域資源の活用